ご挨拶

基本理念
 当病院の職員は、住民の健康と福祉のために奉仕することを至上命令と認識して、 生命の尊重と個人の尊厳の保持を旨とし、使命感を持って全ての病者に良質の医療を提供するために連帯する。

院長画像

理事長・院長 中島 祐一

 平成17年1月よりこれまで勤務していた心臓病センター榊原病院を退職し当院院長に就任いたしました。
 専門である循環器ならびに高血圧、高脂血症、糖尿病などの生活習慣病の治療を中心に診療しています。
 日本人の死因で1番多いのは癌ですが、2番、3番を占めるのは心筋梗塞、脳梗塞などの動脈硬化が原因 となって起こる病気です。これら動脈硬化による病気は生活習慣病を治療することによって予防することが可能です。
 将来脳梗塞を発症して寝たきりになったりせず、元気で長生きできるように地域の皆さんに貢献していきたいと考えています。

理事長画像

相談役 中島 洋一

 中島病院は昭和44年5月、19床の有床診療所中島外科胃腸科医院として発足しました。 昭和49年に医療法人洋友会中島病院に改組、56床に増床し主として消化器外科、救急病院として地区の医療のため務めてまいりました。 平成7年より全病室を特別許可老人病棟に変更し、さらに平成10年7月療養型病床群(現:療養病床)とし、21床を介護保険としてお年寄りにやさしい地区に密接した老人医療に努めてまいりました。
 また、外来では糖尿病内科を坪井修平先生が担当し、院長の中島祐一が循環器内科を担当しています。 皮膚科は佐藤ミカ先生が担当し、荒田岡大名誉教授以来の専門性の高い医療を提供しております。
 平成23年には、サービス付き高齢者向け住宅(介護事業所併設)のアネシスライフ妹尾を開設いたしました。
 病棟、外来ともに地区のみなさんに、最善の医療を提供し、お年寄りが安心して加療できる病院を目指して職員一同頑張る所存でございます。

このページのトップへ